TOP > 調査研究スタッフ

調査研究スタッフ

代表取締役
久米谷 弘光(くめたに ひろみつ)
1957年北海道に生まれる。北海道大学教育学部(社会学専攻)卒業後、地域計画コンサル、市場調査会社を経て、1986年ピープルズシンクタンクとして株式会社ノルドを設立(取締役)。1992年から代表取締役。社会環境研究所は1991年に個人や機関を取り巻く社会的な環境と、人間社会と環境=生命系との関係を調査研究領域として開設。
社会環境政策、地域計画、マーケティング、コミュニケーションなどの分野の調査研究に取り組んでいる。
NPO法人循環型社会研究会代表、株式会社ぎょうせいの主任研究員も兼任。
研究顧問
槌屋 治紀(つちや はるき)
東京大学工学部機械工学科、同大学院博士課程修了。工学博士、システム工学専攻。1979年(株)システム技術研究所を設立し、所長に。電子ブックの開発、太陽電池コストの学習曲線による分析、持続可能なエネルギーシステムの研究を行っている。2010年より太陽光発電の技術者を養成 する京都エコエネルギー学院・学院長を務める。IPCC報告書の作成に協力し、2007年IPCCのノーベル平和賞受賞に際しては協力証書を授与された。NPO法人循環型社会研究会理事。
著書:『エネルギー耕作型文明』(東洋経済、1980)、『燃料電池』(筑摩書房,2003)、『調べてみようエネルギーのいま・未来』(岩波ジュニア新 書,2003)、『これからのエネルギー』(岩波ジュニア新書,2013)、共訳:『ソフトエネルギーパス』(時事通信社,1979)
研究顧問
後藤 貴昌(ごとう たかまさ)
1980年東京大学農学部林学科を卒業後、電通入社、電通総研でサステナビリティ研究に従事。2011年に電通を早期退職。現在NPO循環型社会研究会理事、サステナブル経営研究所所長、中小企業診断士、環境カウンセラー、エコアクション21審査人、環境プランナーER、上智大学大学院(環境マーケティング論)・千葉商科大学(環境ビ ジネス論)非常勤講師、法政大学大学院(公共政策学)博士後期課程。英国国立ウェールズ大学MBA、kellogg Executive Scholar、Certified Professional Marketer。
研究顧問
石橋 眞知子(いしばし まちこ)
学習院大学文学部イギリス文学科卒業、米国イリノイ州ノースウェスタン大学にて勉学のかたわら、日本語教師として教壇に立つ。1983年英国ロンドン・インターナショナルハウスにて日本人では初めて英会話講師免許(TEFL)習得、英国オックスフォード大学にて、美術史、アイルランド演劇を学ぶ。1986年帰国後、㈱オズマピーアール勤務、各種PR業務を担当。1987年から㈱エートゥーゼットネット主宰。専門は異文化コミュニケーション。マナー・プロトコール協会の評議員。
著書:「中学英語を復習して旅行会話を身につける本」(中経出版)、「3行で伝わる英語のメモ」(ジャパンタイムズ)、「ホンネ×タテマエのかけ算式英会話」(ゴマブックス)、「天使は目を閉じて」(訳書、白水社)など30冊におよぶ。
主任研究員
馬場 貴志(ばば たかし)
1968年生まれ。長野県松本市出身。1986年松本県ヶ丘高等学校卒業、1992年北海道大学教育学部卒業(教育社会学専攻)。民間シンクタンク研究員を経て、フリーランスでのマーケティング・まちづくり・編集/ライターの各業務、目白大学人文学部非常勤講師、目白大学社会学部(地域社会学科)外部講師等を経験。専門はマーケティングリサーチ、地域(行政)計画、各種プランニング(PR・プロモーション系/まちづくり系/教育・研修系)。
研究員
大柴 研太(おおしば けんた)
1983年4月12日生まれ、神奈川県出身。日本大学大学院 生物資源科学研究科修了後、まちづくりコンサルタント会社、建築設計事務所等を経て現職。
前職では、地域活性化などに関する住民参加型でのまちづくりの事業に携わる。現在は、社会環境政策やマーケティングに関する調査研究およびコンサルティングを中心に従事している。取得資格:地域プロデューサー、環境再生医(初級)。

ページトップへ